07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

Salomon XAPRO5 モニター

2010/01/27
今年の3月から販売開始予定の「Salomon XAPRO5」のモニターをしました。

独断で感想を述べましたので、ご参考にしてください。


■写真
IMGP5011.jpg


■ファーストインプレッション
・通常のサロモンシューズより0.5cm大きく感じた。
・シューレースの幅間が広くなった事で、シューレースを締めたときに足全体を締め付けることが出来き、フィット感が増した。
・EnergyCell2の採用でクッション性が高くなっている分、履き始めは他のサロモンシューズより踵部分が高く感じたが、履いているうちに全く気にならなくなった。

■走行インプレッション
走行環境:トレッドミル
走行距離:20km


感想:
・XA3DPROに比べて後ろから前にかけてのシャーシが減っているため、前靴箇所が曲げやすく走りやすい。この靴であれば、トレイルレース中に10km位のロードがあっても疲れなさそう。Speedcross>XAPRO5>XTwings>Hawk>XA3DPROの順番に前靴箇所が曲げやすい。
・EnergyCell2のクッション性が良いので、膝への負担が軽減されている感じがする。EnergyCell2の感覚としては、NikeAIRとAsicsGELLの中間の感覚。
・踵のホールドカップはXA3DPROを受け継いでいるので、抜群に良い。



走行環境:トレイル(通常トレイル、岩場、ガレ場、落ち葉、泥んこトレイル)
走行距離:60km


感想:
・グリップ力は他のサロモンシューズに比べて抜群に良い。
・岩場を走っていて感じたのが、スタッドレスタイヤの様な割れ目の入ったソールパターンが色んな形をした岩場に順応にグリップし噛んでくれます。
・ソールの高さは全く気にならず、EnergyCell2のクッション性が良く下りの衝撃を吸収してくれた。
・XA3DPROが弱かった土踏まず箇所のソールが改善され、ソールが壊れにくくなっていると感じた。また、この改善されたソールのお陰で、土踏まず箇所のグリップ力が改善。
・ミッドソールとソールの接着部分がXA3DPROよりしっかり作られていると思う。
・ソールのゴムがXA3DPROより柔らかくなったと思う。
・泥んこトレイルは基本的にどんな靴でも滑りますが、XAPRO5の方が他のサロモンシューズに比べて滑りにくいと思った。
・靴先端の爪先箇所のガード力が優れていた。またソールから剥がれにくく作られているようなので、先端部分の劣化が少ないと思われる。



■個人的にXA PRO5を履いてみたいレース
・OSJおんたけ100kmのような長距離ガレ場レース
・OSJ新城のようなテクニカルな岩場やガレ場レース



信頼できる一足になりそうです!

Keep on Trailrunning!
tomo2010
スポンサーサイト
21:20 gear/wear/tool | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。