08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

OSJ第7戦おんたけウルトラ100km

2009/07/19
振り返ってみれば、、、

2008年7月9日(水)19:00の出来事、、、、

自分は何時もどおり、業務後のトレーニングをするために7Fのショールーム兼トレーニングルームに同僚のNさんと向かった。

するとその日は、サロモン主催の内覧会をやっているようでした。

サロモンのスタッフに何の内覧会か聞くと、山を100kmも走るトレールランニングというスポーツの大会の内覧会だとさっ。

Nさんと「世の中には頭のおかしな方がいるんですね~」なんて会話をしたのを覚えています。

1 year later...

私、その大会に出ることになりましたっ。


7月18日(土)2:00am、トレラン仲間のISOさんと戸田から大滝村に向かいました。

途中、諏訪PAに寄りながら、伊那ICを降りてから迷いながら、なんとか6:00amに会場である松原スポーツ公園に到着しました。
IMGP2927.jpg


到着してから暫し、ISOさんと現場を物色しながら、、、記念撮影も済ませ、、、
IMGP2929.jpg


金曜日から寝てないので、ISOさん持参のテントで寝ることに、、、でもテントで寝慣れていない私は体が痛くなってしまい、あまり寝れず、、、と言いながらもISOさんよりは、だいぶ寝ていたみたいですが(笑)
IMGP2933.jpg


起きたころには、サロモン含む他メーカーがブースを完成させ、人もポツポツと集まり始めていました。

ブースを物色後、おおたき温泉へ、、、
IMGP2930.jpg


温泉後、仲間が松原スポーツ公園に到着したと連絡が入り現場へ~

サロモンまっちゃんのマル秘ストック講習もあり、、、
P1050759.jpg


その後、受付も済ませ、おおたき食堂へ夕食を食べに行きました。ISOさんと絶対完走しようと誓いカンパ~イ!
IMGP2932.jpg


レースまであと6時間、、、全然寝ていません、、、なのにテンションだけは高い、、、

そんな状態でレースが始まってしまった。

23:30に会場に行くと600名弱の選手が集まっており、みんな頭にはライトを付け、異様な光景でした。
P1050799.jpg


10、9、8、、、、3、2、1 パァ~ン 2009年7月19日零時 レースがスタートしました。

今回はテレビ局もきてるし、少しでも目立とうと2列目からスタートしました~

0km~20kmは、とりあえず旅は長いし、心拍150前後をキープし様子を伺います。周りにはサロモンから出走しているスタッフもポツポツと。

20km~30kmは、眠くて眠くて眠くてしょうがなかったです。今回のレースの中で一番辛かったかもしれません。この区間は景色も全く覚えていません。ただ、ただ、走りながら寝ないようにハイドレーションの水を何度も顔にかけて一歩一歩を進んでいました。
IMGP2938.jpg


30km付近から空も明るくなり始め、眠気も収まり、何故かフィーバータイムに入ってしまいました。※フィーバータイムとは、走っても走っても疲れないスーパーモードのことである。人によってはマジンガーZモードとも言う。

そのフィーバータイムが、第2エイド(71km地点)まで続いてしまったのである、、、途中、らんぶらーさんやSUUさんともお会いしました。元気の良い自分はお先に行かせて頂くことに~

第2エイドには昨年の猛暑を参考にし、コーラー2リットル、フルーツ盛り合わせ(りんご、メロン、巨砲、パイナップル)、おにぎり2個、そーめん4人前、そーめんのつゆ、PowerBar6個、凍らせたハイドレーション、着替え一式、替えザック、ストック、靴、と色々デポしていました。がしかし、第2エイドに到着した頃の天気は雨+強風のため、止まっていたら体が二度と動かないと思い、着替えもせず、替えザックだけ交換し、おにぎりを食べて、すぐにスタートしました。天気が良ければ楽しみだった第2エイド、、、とても残念でした。

フィーバータイムも第2エイドで終わってしまいましたが、この時点での距離は72キロ。「あと28キロでゴール出来る!!」と言うPossitiveな気持ちで第2エイドをスタートした事を覚えています。

第2エイドから第3エイドの間は、霧&雨&強風の三拍子で体が寒くなってウィンドブレーカーを着たり、突然天気が良くなり暑くなりウィンドブレーカーを脱いだりと何回も繰り返しました。霧が出ると30m先は全く見えず、同じアップダウンなガレ道を何度も走っているように思えましたが、霧がなくなると「えっ!あんなところに人がいるっ。あそこまで走るの?」と思ってしまうような、開けた景色になりました。
IMGP2945.jpg


第3エイドからゴールまでは、「あと少しで終わるから頑張ろう!」の気持ちでいっぱいでした。昨年のおんたけ100kmがテレビで放送されて、その映像を50回以上も見ながらトレーニングしたりと、この大会には何故か特別な思い入れがあり、残りの道のりも長く、足も痛かったのですが、気合で頑張れました。終始、家族や仲間が応援してくれている事、今まで自分が地道にトレーニングを積んできた事、DVDで観ていた憧れの景色がフラッシュバックするかのように今現在自分の目の前に広がっている事などと、色々と考えていたら自然と涙が出てきました。その涙もまたパワーとなり最後の力を振り絞れました。

ゴールであるサロモンの通称「サロ門」が見えたときは体が震えるほど嬉しかったですっ!トレラン仲間で約束した「ゴール手前の坂道は絶対走ってゴールする」もきっちり守りゴールっ!すぐに仲間達が駆けつけてくれて、予想以上の結果にビックリ!自分もビックリ!14時間10分でレースを終えました。
IMGP3882.jpg


今回の結果は、これ以上もこれ以下もない、自分のパフォーマンスを全て出し切った結果でした。レースと言うより100kmの旅を終えてみて思ったことは、周りに惑わされず、焦らず、着実に一歩一歩前に進んだ事が今回の結果に結びついたと思いました。
IMGP3883.jpg


そして、人生も同じくコツコツ歩みたいと思いました。
IMGP3917.jpg

※SUUさん&アンさん、写真のご提供有難うございましたっ!



今回のT6データはこんな感じでした↓

OSJ第7戦おんたけウルトラ100

トレーニング効果(Suunto):3.1
EPOCピーク:72.00ml/kg
最高速度:12.1
平均速度:7.6
最高心拍:172
平均心拍:148
最低心拍:72
最高高度:1629m
最低高度:956m
走行距離:106.97km
トレーニング時間:14:10:10
消費カロリー:6706kcal



Keep on Trailrunning!
Tomo2009
スポンサーサイト
14:22 race | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。