09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

実走★ニッポンの名コースガイド①ハセツネCUP

2011/07/09



まだ知らない人もいるかと思いますので、ここでご案内&宣伝を!

6月24日(金)にトレラン王国より「ハセツネ・コース攻略DVD」が発売されました!このDVDはハセツネコースを3区間に分け、日中の明るい中でコースを紹介しています。第2区間は微力ながらも私がナビゲーターとしてご案内させて頂きました。(突っ込みどころ満載かっ!?)

必ずしも全員が全員当てはまるものではないと思いますが、DVDの中でも自分が紹介させて頂いた「3:3:4の法則」をここで紹介したいと思います。過去のハセツネ完走者の区間タイムを見ていると「3:3:4」というペース配分が目に入ってきます。これは何かと言うと、完走タイムを3つの区間(①スタート⇒第一関門②第一関門⇒第二関門③第二関門⇒ゴール)に分けた時のタイム配分の比率(%)を表します。

例えばsub10を目指す場合、、、
1. スタート⇒第一関門=完走タイムに対して30%のタイムなので3時間
2. 第一関門⇒第二関門=完走タイムに対して30%のタイムなので3時間
3. 第二関門⇒ゴール=完走タイムに対して40%のタイムなので4時間

各選手のペース配分には馬の脚質ように、「逃げ」「先行」「差し」「追い込み」などと違いはあれど、それらを含め平均してみると「3:3:4」という数字が出てきます。このペース配分が目標とするハセツネ完走タイムのおおよその目処になるかと思います。

ハセツネに参加される皆さんの目標タイムはどのくらいですか?!目標とするタイムをを是非「3:3:4」の法則で計算してみてください。そうすれば、自ずと各区間をどのくらいのタイムで走らなければならないか解るはずです。ただし、自分がどんなタイプ(先行?差し?、、、)なのかによって若干区間毎の比率(%)は変わってくるので、そこはご自身がどんなタイプなのか判断して計算してみてください。ちなみに自分は前半抑えるタイプなので2010年ハセツネCUPは「33%:30%:37%」という割合で完走しました。ハセツネ経験者は過去のペース配分はどうだったのか分析するのも、次のハセツネを走る上で大きな攻略に繋がるかもしれないので是非計算してみてください。

一言に「攻略」と言っても、走りきるための体力作り、コースの把握、ペース配分、何を補給する?、補給のタイミングは?、レースまでのモチベーションの維持、etc、、、と様々な項目があると思いますが、このDVDが少しでもハセツネを走る皆さんのお役に立てば嬉しいです。全ての項目が兼ね揃って更に運をも味方につけた時には最高の結果を発揮できると思います。全ての項目を兼ね揃えるための一番の近道は地道な努力だと思います。“Genius is an infinite capacity for taking pains!”さぁ~皆で精一杯の努力を楽しみましょう!

ハセツネ2011まであと3ヶ月わずかとなりましたね!努力を積んで自信に満ち溢れた皆さんとスタート地点でお会いする事を楽しみにしておりますっ!!


Keep on Trailrunning!
tomo2011
スポンサーサイト
13:22 others | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。