06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

第12回lafuma青梅高水山トレイルラン

2010/04/09

「lafuma青梅高水山トレイルラン」には昨年も出走し、自分がゴールした頃にはトレイルラン仲間が全員レースを終え、ゴールで応援していてくれた事を鮮明に覚えています。皆さんの表情には余裕があり、物凄く格好良く見えて「いつか自分も、あんな風になりたい!」と強く心に誓った事もはっきりと覚えています。

あの日以来、青梅高水のコースには何度も訪れ、毎回「辛いコースだなぁ~」なんて思いながら練習を重ねてきました。お陰で今となっては、相変わらず辛いコースではありますが、次の角を曲がればどんなトレイルがあるかは、はっきりと頭に思い浮かべられるようになりました(笑)そんな、色々な思い入れがあるレースだっただけに、今回の「lafuma青梅高水山トレイルラン」はとても待ち遠しく、楽しみにしていました。

今回、あまりに意気込みすぎていたせいか、レース4日前に追い込みすぎて「右側の股関節がズレてしまう」という怪我をしてしまいました。どうやったかは今だ不明です、、、翌々日に掛かりつけの整骨院に行き、先生に定位置に治してもらいましたが、ズレたことによって生じた筋肉の炎症がとても痛く、DNS(Did Not Start)するか迷いました。2日間ほど安静にしたら痛みは引いたものの完治とは言えないレベル。怪我をしている状態でレースに出るなんて言語道断という事は200%承知していましたが、気持ちはレースに出る気400%、、、レース前日にisoさんに「レースに出たい気持ちを抑える事ができない」事を相談すると「並のレースなら無理せずにと返すところですが、思い入れあるレースならば熱血の出し惜しみなしに一票を投じます!ブッ飛ばしてきて下さい!」と暖かいお言葉を頂き、後押しされ、闘志に火がつき当日を迎えたのでした。


今回のウェアやギアーは↓な感じでした。
****************************************
■Wear
・XT バンダナ(Salomon)
・EXO半袖ジップテックTEE(Salomon)
・EXOウィングツインショーツ(Salomon)
・Calf(Salomon)
・Socks(Salomon)
・XT S-LABグローブ(Salomon)
・Inner(FineTrack)
・Ankle band(SportsAuthority)

■Taping
・X-Tape(New-Hale)×3枚張り

■Shoes
・XT Hawk(Salomon)

■Pack
・Salomon S-LAB PACK(Salomonカスタムジップポケット×1個縫い付けた改造バージョン)

■Energy
・ハイドレーション(Source)1リッター:水500ml+Carboshotz1タブレット+SuperVAAM2缶
・Vespaハイパー×1個
・AminoVitalゼリー×4個
・アスリートソルト
*****************************************


P4046481.jpg
(写真:胸を高ぶらせながらスタート地点に向かう途中、写真はゆぅさんよりご提供、Thanks!)


☆往路
スタート地点へはスタート40分前から、ゆぅさん、junさん、こちゃーりーさんと並び始め、ポールポジションをゲット!そして、しばし談話しているとスタート1分前のアナウンスがっ!テンションも最高潮に達したとき、スコット・ジュレック先生張りの雄叫びを上げたら、思いのほか声が張ってしまって周りの選手に謝る、、、そしてスタート!

トレイル入り口まではキロ5を切るくらいのペースで進んだおかげで、特に渋滞もない好位置をゲットしました。ちょっと突っ込みすぎたかなぁ~と思っていたやさき、栗平でカメラマンをしていたsuuさんに「tomoさん、後半!後半!」と言われ我に返り、ここからはペースを少し抑え、極力重力に身を任せて低燃費走法で進みました。それでも、特に抜きもせず、抜かれもせずな感じで、鬼軍曹さんがいたところでは、順位は64位と告げられました。


DSC00028.jpg
(写真:往路栗平にて、写真はアンさんよりご提供、Thanks!)


榎峠から先の4段階式急登では「ド笑む♪ドM♪ド笑む♪ドM♪」コール@ソロバージョンでリズムを刻み、1人2人、、、と抜かせて頂きました。なちぎり林道の緩やかな上りでも、きっちりドMリズム♪を刻み、しっかり走り切りました。ようやく、ここで先行していたちゃんぽんさんに追いつく事ができ、先に行かせていただきました。高水常福院では、お守りをもらってから、トレラン仲間のじろーさんの怪我の早期回復と家族や仲間の健康を祈りました。

★復路
往路は低燃費走法で進んだので、復路は「本日も脚完売宣言!」を胆に銘じてスタートを切りました。高水常福院を下るとすぐに、こちゃーりーさん、junさん、ゆぅさんとすれ違い、すぐに追いつかれてしまう圏内にいる事を確認し、ハイタッチをさせて頂き、背後から迫りくる気配に焦りながら先を急ぎました(汗)高水常福院からなちゃぎり林道までの気持ちの良い下りは、妙にトレラン仲間との想い出がよみがえり、想い出に浸りながら下っていた事を覚えています。なちゃぎり林道に出ると遠くにリキさんを発見したのでペースを上げました。この上り基調な林道がまた辛かったのですが、先日の高水ダブルの2周目に比べたら屁のツッパリにもならなく、レース1週間前に高水ダブルを経験して良かったと心から思った瞬間でしした。林道の途中でリキさんに「やっぱ高水ダブルをする人は違うね~♪」なんてお声を掛けて頂き、先を急ぎました。


P4046500.jpg
(写真:復路の高水常福院を下ったところにて、ゆぅさんに貴重なバックショットを撮っていただきました!Thanks!)


榎峠までの下りで足首をポックリやってしまわないように慎重に下っていたのですが、下りがあと少しで終わる民家のところで、ポックリ右足を捻挫してしまいました。しばし、痛みに耐えならがケンケンをしながら下り、こんな時に足首に住む「ヤツ」(tomo2010の足首に住む、捻挫をすると出てくる痛みという名のヤツのこと、通称”ヤツ”)が出てこないことを祈りました。レース前に腰の痛みを緩和するために痛み止めを飲んでいたせいか、レース中のアドレナリンか解りませんが、幸い「ヤツ」がレース中には出てきませんでした!ヤツ有難う!

榎峠に出てた時にタイムが1時間38分経過した事を確認し、これは目標だったsub3を達成出来ると思いホッとしました。榎峠から雷電山までの上りでは前半に足を使ってしまって撃沈しているランナーが多々おり、DMJコール@ソロバージョンでゴボウ抜きさせて頂きました。速く進もうと意識したわけでもなく、他の選手のペースが落ちただけでした。順位も何位かなぁ~と思っていたところで、鬼軍曹さんのところで30位と告げられ、思ってもいなかった高順位にビックリ!復路の栗平ではアンさんやsuuさんに最後の励ましのお言葉を頂き、先を急ぎました。「応援」って、とても不思議で、疲れていた体もその時だけはフッと抜け、とても体が楽になり、疲れで険しかった顔も笑顔に戻るんですよね。本当に「応援」のパワーって凄いなぁ~と実感しました。


PICT0399.jpg
(写真:復路栗平からの下りでsuuさんに撮っていただきました!Thanks!)


栗平からトレイル入り口までは、15kmの選手が沢山いたのですが、30kmの選手はすぐに目に入りました。30kmの選手を見つければロックオンし、先に行かせて頂きました。この辺で、もうレース中に会うことのないと思っていたプロを発見!プロはOSJ鏑木さん上級セミナーでご一緒し、我ながら勝手に戦友だと思わせて頂いているとても素敵な方なのです。プロに声を掛けると足が完売したとの事でしたので、先を急ぎました。トレイル入り口に出てからゴールまでの林道は先日isoさんに約束したとおり、キロ4近くのスピードで走りきりました。いつもは長く感じるこの林道も、この日はとても短く感じ、もっともっと走っていたい、ここまで頑張った自分をもっともっと褒めて上げたい、と思えるほど気持ちの良い、自分だけのウィニングロードでした。タイムは2:36:30、順位24位/1024人中でした!

今回、レース中に常に頭にあったのが、トレラン仲間との青梅高水で走った「楽しい想い出」でした。初めて高水に来た時の苦い想い出とその時に峰さんから頂いたコカコーラーの甘い想い出、一人で雨の日も練習した時の想い出、Trail-Holic面々と一緒に走ったファンラン!の想い出、isoさんと走ったストイックランの想い出、と沢山の想い出が、レース中の走っていた景色に合わせて蘇ってきました。そんな楽しい想い出を考えながら終始走っていたので、いつものレースほどの辛さはなく、楽しく気持ちよくレース走り切ることが出来ました。そんな、皆さんに一言、言わせてください「有難うございます!これからもどうぞtomo2010を宜しくお願い致します!」

最後に運営スタッフさん、応援してくれた方々、寒い中ご苦労様でした!来年はtomo2011として更なる「高水での想い出」を増やして青梅高水トレイルを挑みたいと思っております!本当に有難うございました!


今回のトレーニングデータは↓な感じです。
青梅高水トレイルT61


トレーニング効果(Suunto):5.0(5.0)
EPOCピーク:429ml/kg(450)
消費カロリー:3468kcal
最高速度:17.4km(12.8)
平均速度:9.6km/h(6.5)
最高心拍:188bpm(190)
平均心拍:161bpm(177)
最低心拍:48bpm(115)
最高高度:785m
最低高度:319m
累積標高:1468m(1469)
走行距離:25.14km(25.24)
トレーニング時間:2:36:30(3:53:19)
※()内は昨年のレースデータです


Keep on Trailrunning!
tomo2010
スポンサーサイト
07:22 race | コメント(30) | トラックバック(0)
コメント
No title
DSJ(ドSジャパン)マネージャーのあんです。
昨年の復路でもう限界って時に栗平でsuuさんに応援してもらい、ドS心を満たしてくれるだろうポイントだという事は知ってました。
今年はあそこでの皆さんの辛いながらも楽しんでいるお姿はかなり萌えました。
好成績での完走、おめでとうございます!

それにしても、なんですか?この心拍数
恐ろしいです…(@_@;)
故障をおしての爆走、記録大幅更新おめでとうございます!
思い入れ、強く伝わってきました。練習は裏切らないですし、応援で注入されるパワーも半端ないですよね。

しびれるレース、お疲れさまでした!
コンディション厳しいようでしたら、奥久慈はあまり無理しないでくださいね。
トモさん、頑張りましたね

僕も良い刺激いただきました!
奥久慈もド笑むスピリットで頑張って下さい!!
No title
アツくて読んでるこっちまでやけどしそうだったよ L(`◇´)」 フンガー
でも関節系の障害は、無理するとジエンドになる可能性もあるので、あまり無理しないでね。

今度強くなったTomoさんに会えるのが楽しみだなぁ
No title
素晴らしい走りですね!
tomoさんの、トレイルに対する想いが、心に熱く伝わってきます
。明日奥久慈で。
No title
>> 順位24位/1024人中 
すげーっ!! かっこいい!

奥久慈も苦しく楽しんできてください。仕事しながら応援してます。
>アンさん
本当、気合の入る応援有難うございました!!往路も復路も栗平でお会いする事が楽しみで♪楽しみで♪しょうがなく、レース中のモチベーションを上手くキープ出来ました!本当にあそこは絶妙な場所ですよね!心拍は前半部分の下がっているところは、心拍が上手く取れていなかったからだと思います。本当だったら、下がっている部分が前後の箇所同様のところで波打っているはずです。しかし、レース中は辛くはなかったのですが、心拍が180を前後している事にビックリしました(汗)
>yamayaさん
素敵なお言葉有難うございます!しかし、yamayaさんも同日のハセツネ30では素晴らしい結果が出ましたね!日々、努力されている成果が素直にレースの結果として現れた事だと思っています!yamayaさんの奥久慈でのストイックな後姿は今でも鮮明に覚えています。先週のさくらマラソンでのファイトプレーも心に響きました。そんなyamayaさんの頑張っている姿を見ているだけに自分も頑張れねばという気持ちなれます!これからもド笑むな相乗効果プレーでどうぞ宜しくお願い致します!!
>なべさん
なべさんに褒めて頂けるとは嬉しい限りです!自分は、なべさんに出会ってから常に刺激を頂いております。なべさんの日々ストイックに!日々研究されるスタンスには常に驚かされていますし、だからなべさんは強いんだと納得させられます。これからも背中を追って頑張っていきたいと思いますっ!!高水でやってしまった捻挫は、あれから毎日整骨院で治療したお陰でだいぶ良くなりましたが、完治はしていません。なので、奥久慈はド笑むトレーニングの一貫として楽しんできます♪
苦い コカ・コーラ
あの日が高水初めてですか?
私も鮮明に記憶してます。
tomoさんと初めて会話したのは帰りの風呂です。
あの日、私は高水2回目でした。
正直、レベルの違いを感じませんでした。
tomoさんたちは何度も休息をとっていました。

私も並んで走ればコーラをもらえるものだと思って頑張って後ろを走りましたが、差し出されたコーラは引っ込みました...............。
恥ずかしくなり、1人先を急ぎました。
あの日の悔しさは本当によく憶えています。

アイシングの為、tomoさんが水風呂に浸かれば溢れ出す浴槽の水・・・・・
そこで会話したのが初めてでした。

1年前のレース結果から・・まるで別人です。
(見た目も)

「あの日のtomo(友)よ、
      出てこいやーー!!」

高田師匠

>塾長
塾長~♪塾生一員として頑張ってきました!!このような結果を出せたのは、かげマルッ塾での練習やかげマルッ塾のスピリットの成果だと思っています!これからも、どうぞ宜しくお願い致します!しかし、塾長をアツくさせられるようになったとは嬉しい限りです!ワタクシモスコシハセイチョウシマシタネ!まだまだ、かげマルッさんの足元にも及びませんが、全盛期のかげマルッさんに少しでも近づけるよう、体と良く体話しながら頑張っていきたいと思います!
>みかんさん
僕が始めてみかんさんと沼津アルプスでお会いした時に思ったことが、「この方は、本当にトレイルが好きな方なんだなぁ~」でした。初めてお会いしたんですけど、もの凄く親近感が沸いた事を覚えています。日々ストイックに練習を重ね、年代別の表彰台を総なめにしているみかんさんには本当に驚かされます!いよいよ明日ですね奥久慈!本日ウェルカムパーティーでお会いする事を楽しみにしております!!後ほど~♪
>たけさん
昨年、初めてご一緒したOSJ奄美50kmに比べたら、練習も重ね、だいぶ走れるようになりましたよ!ただ、あの時から今も変わっていない事は「トレイルが大好き!」だということです!たけさんも自転車メインにトレイルも頑張っているようですね。いつも陰ながら応援しております!また、お会いする事を楽しみにしております!!
No title
奥久慈出発する前に読んでおいてよかったです!
いろいろな思いが高水山のコースにはあったのですね。
怪我を押しての出場ながら,努力は裏切らないということが証明できた最高のレースになりましたね!
『ヤツ』が奥久慈でもきっとそんなtomoさんに感服して出場してきませんよ(笑)
本当にお疲れさまでした!
No title
大躍進ですね。昨年は私が1分遅い程度でたいしてかわらなかったのですね。なんなんですか、この記録は。。。

やはり、練習はだいじですね。私は完走本数狙いであまり練習しなくなっているのですが、もうひとふんばりしてみようかという気持ちになりましたよ。

それと、整骨院ってけっこう効きますよね。健保からは「あれは医療行為ではない」って警告書がくるんですが(苦笑)。整形外科に行っても、レントゲンとって異常がなければ「走るのやめたら」と言われるのが落ち。整骨院はまじめに対処してくれます。
コーラの件
tomo2010さん こんにちは、

私は登場しないでおこうと思っていましたが、コメントを読み、失礼ながらこの場をお借りして、iwaki様のコメントについて謝罪文を書かせていただこうと思います。


iwaki 様

こんにちは、はじめまして。
コメントを読んで初めて気がつきましたが、ご無礼があったようで深くお詫び申し上げます。
数は少ないもののてっきりkurisukeさんの知り合いの皆様には行き届いたものと思っておりました。

当日は、1000円ちょっとしか持参しておらず、自販機でコーラを7本しか買えませんでした。
もっとたくさん買って登って来る人みんなに片っ端から配ればよかったと反省しております。

今後は、応援に行くときは、手落ちのないように気をつけたいと思います。

つまらぬ善意で為したことですが、コメントを読みとても深く傷つけてしまったようで大変悔やんでおります。

ご無礼の段、平にご容赦ください。
No title
Tomoさん、高水お疲れ様でした。
この1年の進歩は目を見張るものがありますね。
1月に一緒に走ったトレイル練習で、随分走りが進歩したなぁって感じてましたので、今回の高水はいい成績が残せるんじゃないか・・と思ってました。予想以上でした(驚)。
今後の活躍が楽しみです。

致命的なケガだけには注意してください。
想い出
tomoさん、高水での快走、改めておめでとうございます!
人一倍努力をされていたtomoさんの、この素晴らしい結果!
練習は裏切らない、という大きな勇気をいただきました!
自分もレース中は、仲間と高水を走ったことなど、楽しい想い出に元気をもらっていました。
長い上りでは、信越ファンランで、上りでも走り続けていたtomoさんが決まって現れて引っ張ってくれるので、感謝感謝です(^m^)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>iwakiさん
そう言えば、あの日がiwakiさんに始めてお会いした日でしたね。何度かお山の中でもすれ違っていたので、風貌が「強面」なiwakiさんに声を掛けようか迷っていました。何せ、声を掛けたらかつ上げ(笑)されるのではないだろかと勝手に思っていたので、、、冗談はさて置いて、あの日以来、本当に色々なお山で偶然にもお会いしますよね!そして、お互いがなべさんの共通の友達である事も解りましたね。次は何処のお山でお会いするか楽しみにしております!←っていうか今度はちゃんとご一緒に計画して行きましょうかっ。
>原始人さん
レース中は様々な想い出を思い出しながら走っていたのですが、それと同時に昨年では考えられない順位に位置しながら、憧れだった先輩方ランナーと並走したり、お話をした時は鳥肌が立ちました。本当に「練習は裏切らない」と思えた日でした!また明日から地味にコツコツやっていきたいと思います!
>しらちゃんさん
しらちゃんさんに「もうひとふんばり」の気持ちを与えさせてもらって光栄です!!実は、私自身もしらちゃんさんから沢山元気を頂いております!昨年はじめてsuuさん企画の妄想野辺山でお会いした時に出走されるレース数を聞いたときには大変ビックリしました(汗)世の中にこのような凄い方がいるんだなぁ~と正直思いました。あと、お互い長野出身という事も解り、とても親近感が沸きました!これからも相乗効果プレイで辛い思いもしながら、それ以上に楽しみましょうね!あと、整骨院はいくつか転々としましたが、現在は今のところで凄く満足しております。先生が的確なアドバイスをくれますし、実際治して頂いてますからね。しらちゃんさんも良いところが見つかるといいですね!
>峰さん
峰さん、こんにちは!

コーラの件ですが、あの日我々kurisukeさんパーティーとiwakiさんは別行動で高水に走りにいっていたので、「kurisukeさんの知り合いの皆様には行き届いたものと思っておりました」に関しては全くもって手落ちは無かったと思っています。あと、「もっとたくさん買って登って来る人みんなに片っ端から配ればよかったと反省しております」に関しても、反省する必要など全くないと思います。片っ端から配ったらお金もお時間もキリがないですからね。iwakiさんからは、あのような誤解を招くようなコメントをしてしまい、そして峰さんを傷つけてしまい、大変申し訳ないことをしたと連絡がありました。私のblogコメントを通して、峰さんに謝罪をしようとも考えたようですが、文章だけの内容で更に誤解を招くと申し訳ないので、私に連絡がきた次第です。私自身も昨年、峰さんからコーラを頂いていながら、まともにお礼をしていなかった事に「今更ですが、、、」気づき、大変失礼な事をしてしまったと後悔しました。まずは、この場を借りてお礼をさせて頂きます。今回の件に関しても何事に対しても文章だけでは上手くお伝え出来ない時ってありますよね。(特に私は文章を書くのが苦手なもので、、、汗)私の母親がこんな事を言っておりました「人は言葉に気持ちを出さないと伝わらない時があるから」と。私も今こうして自分の気持ちを文章にしておりますが、峰さんにお気持ちが伝わったか不安です。次にお会いする時には是非「有難うございました」と言わせてください。
>kurisukeさん
昨年、初めてkurisukeさんにお会いし、高水の試走に連れて行って下さった想い出がとても懐かしいです。復路では、既に限界の領域を超えて足を引っ張っていた私を分岐がある度に戻ってきて「こっちだよ!」とお気遣いして頂いた事も凄く嬉しかったです。今年もトレイルシーズンインしたので、昨年同様ご一緒にトレイルを楽しみたいと思っております!
>junさん
junさんこそ高水での快走おめでとうございます!その小さな体から漲るパワーは毎度の事びっくりさせられます。レース後に沢山お話を出来てとても楽しかったです!話をした中でも始めて参加されたトレランレースが4年前の青梅高水で、suuさんと一緒にほとんど誰も居ないゴールにゴールをした事を聞いて、junさんはスーパーサイヤ人ではなく、努力を重ねて今がある一人のランナーだと感じました。本当に練習は裏切りませんね!いつもjunさんを見て勇気を頂いております!これからもどうぞパワーをください!
>J.Sさん
大トレお疲れ様でした!J.Sさんこそ大幅な記録更新おめでとうございます!本当まだまだ頑張っちゃえますよ!僕自身も勇気を頂きました!お会いした事はないのですが、何だかとても親近感が沸きます!これからも怪我には気をつけて頑張っていきましょうね!いつかお会いする事を楽しみにしております!
エリートに近づきましたね
おめでとうございます。
ものすごい進歩ですね。
やはり隠れたる才能は大きかったんですね。
今後の活躍を期待しますよ。
是非、トレイルでの走りをまじかにお目にかかりたいものです。
>naoさん
ハセツネを10回以上も完走されたアドベンチャーグリーンのnaoさんにお褒めのお言葉を頂けるとは嬉しい限りです!隠れたる才能だなんて、トンでもございません(汗)こちらこそ、今度は多摩川ランではなく、トレイルでのnaoさんをお目に掛かりたいと思っています!
No title
一言「参りました!」
>isoさん
次こそは高水ダブル(tomo塾)にお付き合いくださいね!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。