02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

February 2011, Training & Weight

2011/03/03
IMGP1936.jpg
(写真:昨年の野沢4100Dでのシーン。この日はとても暑くてレース序盤に何度も嘔吐してしまう始末。写真は第2ステージを終えたところで、人生初めてレースをリタイアしようか血迷っている瞬間。犬は愛犬のクリス。レース中の苦しい展開の時にはなかなか気付けないけど、よっぽど気持ち悪くて走れない苦しさより、走りたくても走れない苦しさのほうが辛いと思う。だから多少苦しくても走る!走ることを望んだのは自分自身なのだから、、、)

training
training hours: 70hours5min
training days: 25days
run: 52hours25min
bike: 16hours10min
amt: 1hours30min
race: none
alcohol: 12days

weight
77.2kg⇒76.6kg(-0.6kg)

body fat
17.5%⇒16.5%(-1%)

some notes
2.23に左脚内側広筋に硬結が出来てしまい走れなくなった。原因は疲労。今年になって昨年より運動時間を増やし、毎日毎日体と体話しながら高い位置での疲労感を維持しながら練習をしてきたつもりが、結果的にはオーバーワークとなり怪我(軽傷)に発展してしまったよう。

怪我をすると再び同じ過ちを繰り返さないために試行錯誤をするから、次に何をするべきかハッキリする。それは運動量の問題だったり、走るフォームだったり、意識の問題だったり、様々。もちろん、怪我をしないことがベストなのだろうけど、怪我をすることは悪くないと思う。むしろ怪我をする自分がいるということは、「自身に問題がある=問題を治せば更なる飛躍が望める」、という事に匹敵するからチャンスだと思う。

「ピンチをチャンスに」というフレーズが当てはまるかは解らないけど、感覚的にはそんな感じ。今までも今回も怪我をして良かったと思う。そして今後も同じく思っていくと思う。だから、怪我に一言、言ってあげたい「怪我をしてくれて有難う!今の自分の走ることに対する考え方を軌道修正させてくれて有難う!」

Tough Times May Also Bring Opportunities…


Keep on trailrunning!
tomo2011
スポンサーサイト
22:25 report | コメント(8) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。