06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

OSJ志賀高原トレイルフェスティバル

2010/07/16
IMGP1682.jpg
(写真:1日目スタート前の一ノ瀬にて)

7月3日~4日の2日間にかけてOSJトレランフェスティバルに出走してきました。僕の尊敬して止まないトレイルランナーが、こう言っていました。「追い込んだ状態からやる、2日目、3日目のトレーニングこそが力になるトレーニングだ!」。という事で、今回の作戦はこの名言にあやかって、1日目に限界まで追い込むこと、2日目は自分の限界に「こんにちは!」することでした。


◆Day1:志賀高原トレイルレース27k

・スタート~北志賀スキーパーク(14km地点)
「空っぽの状態でゴールに戻る!」そう自分に言い聞かせスタート。この区間はスタートの一ノ瀬(1680m)から北志賀スキーパーク(1060m)まで林道を経てアスファルト道を一気に下ります。どんなレースでも序盤はマフェトンペースを心がけているのですが、今回ばかりはショートレースだし、勝負ポイントは北志賀スキーパークからの上り返しの13kmしかなかったので、序盤は少々突っ込みました。北志賀スキーパークには1:02:09で到着し順位は52位でした。

・北志賀スキーパーク~ゴール
序盤のスピーディーな展開で心拍は上がっていたけど、脚は元気ハツラツな感じ。北志賀スキーパークからはゲレンデ、登山道、ゲレンデとつなぎ、一気に標高2000mの焼額山まで登ります。走る、早歩きのコンビネーションで少しずつ順位を上げていきました。途中、背後から物凄い勢いで登ってくる選手がいるので振り向くと、先日鏑木さんを囲む会でご一緒させて頂いたI出さんでした。I出さんの登り方はとても軽快で登るリズムも素晴らしいものでした。ここから、焼額山までI出さんについて行かせて頂きながら、今後の自分の課題は登りのリズム♪なんだと考えながら進みました。途中、自分は果たして空っぽな状態でゴール出来るのか?!実は明日のために少し体力を温存しているのではないか?!と自分を問いただし、今日の自分に絶対後悔がないよう進みました。焼額山からはゲレンデ、登山道、シングルトラックなどの気持ちの良いトレイルを一気に400m下ります。下りきってからゴールまで林道や舗装路を登り返しますが、ここも出し惜しみなく、しっかりラン。最後はタッキーのマイクパフォーマンスで迎えられゴール!タイムは2:54:13、順位は24位。自分は空っぽになれたか?!はい、空っぽでした。

058.jpg
(写真:志賀高原トレイルレース27kゴール地点にて、写真はパワースポーツから頂きました)


・レース後
レースが終わってからは、同じレースに出走していたみかんさんやゆかりさんのゴール姿を見させて頂きました。お二人とも疲れている表情の裏側に物凄く達成感に満ち溢れた素敵な表情をしていました。人の頑張る姿って素敵すぎますね!

IMGP1691.jpg
(写真:ゴールまでの最後の登りを出せる力を振り絞って走るゆかりさん、格好よかったですよ♪)


初日のレース結果はすぐにDMJメンバーにメールで配信!その後、メンバー間で熱~い、熱~い、激励が飛び交いました。この激励がメンバーそれぞれ翌日に控えていたキタタンや3種目耐久レースのモチベーションに繋がったと思います。自分はこの激励メールを切欠に2日目は更にド笑むを事と、この時期は怪我で走れなかったさんぽさんの分もド笑むことを誓いました。

1日目のウェアやギアーは↓な感じでした。
****************************************
■Wear
・XA CAP(Salomon)
・TRAIL RUNNER SS TECH(Salomon)
・EXO ll TIGHT(Salomon)
・Calf(Salomon)
・Socks(Salomon)
・XT S-lab gloves(Salomon)
・Inner(FineTrack)
・Ankle band(Sports Authority)

■Taping
・X-Tape(New-Hale)左右2枚貼り
・V-Tape(New-Hale)左右1枚貼り
・スポーツテーピング(ニチバン)左右スタータップ2枚貼り

■Pack
・HYDRO BAG

■Shoes
・XT Hawk ll(Salomon)

■Energy
・ハイドレーション(Source) 1リッター:Pocari sweat 500ml + Water 500ml + Carboshotz 1 tablet
・P-Gel(Tropical fruit)×2
・Amino Vitalゼリー×2
・Vespa Hyper×1
*************************************

1日目の運動データは↓な感じでした。
*************************************
shiga27k.jpg

トレーニング効果(Suunto):5.0
EPOCピーク:466ml/kg
消費カロリー:3283kcal
最高速度:15.5km
平均速度:9.4km/h
最高心拍:194bpm
平均心拍:176bpm
最低心拍:113bpm
最高高度:2000m
最低高度:1060m
累積標高:1289m
走行距離:27.30km
トレーニング時間:2:54:13
順位:24位/473人中
*************************************


IMGP1697.jpg
(写真:2日目スタート前の高天ヶ原にて)


◆Day2:志賀高原トレイル50k

・スタート~高天ヶ原(25km地点)
ド笑むと誓っても、1日目にけっこう頑張ってしまうと体は正直ズーンと重い…でもでも、走り始めたら次第に体が軽くなるよ!と自分に言い聞かせスタート。序盤はF田プロと一緒に仲良く並走♪昨夜からスタート目前まで降り続けた雨の影響でトレイルはどろどろ。始めは水溜りに入らないように気をつけて走行するも、一度濡れてしまえば、バシャバシャ水溜りを駆け抜けます。スタートから程よいアップダウンが続く下り基調なトレイルを12kmかけて標高300m下ります。このトレイルが実に気持ちいいトレイルで、今回は雨が降ったお陰で所々が幻想的で更に気持ち良かったです!

016.jpg
(写真:序盤はF田プロと仲良く並走♪、写真はパワースポーツから頂きました)


下りきると舗装路から奥志賀高原スキー場を経て焼額山まで標高700mを一気に登り返します。この辺でF田プロの気配が感じなくなりお別れ。ダラダラ続く上り坂は少しずつハムストリングに乳酸をためていきますが、それでも、歩いちゃダメよ!歩いてもちょっとだけよ!と自分に言い聞かせ登ります。

036.jpg
(写真:調子が上がらずも焼額山を目指すtomo2010、写真はパワースポーツから頂きました)


なかなか前日の疲れが消えなくて不安を抱きながらもなんとか焼額山に到着。焼額山からは、前日と同じコースを経て高天ヶ原まで向かいます。高天ヶ原手前の自動販売機でコーラをゲッツ!乾いている喉を潤すべく一気飲み!But、その後走り出すやいなやゲップと共に泡となってリバース、、、高天ヶ原には3:11:29で到着し、順位は36位でした。

・高天ヶ原~横手山(41km)
高天ヶ原まではウォーミングアップと決めていたので、ここからは気持ちをリフレッシュさせ再出発!とは言え、高天ヶ原からのゲレンデはハムストリングが壊れてしまうのではないだろうか?!と思うくらい辛い…ゲレンデが終わると登山道に突入!でも、この辺のトレイルは水掃きが悪く、更にどろんどろんのツルンツルンのトレイルが続きました。途中から水溜りに突っ込んで走った方が足元が滑らないことに気づき、そこからは水溜りを積極的に攻めました。この辺りからか初日の疲れが次第に無くなり、細かいアップダウンも気持ちよく走れるようになりました。チャンスタイム突入!感覚的にはモビルスーツtomo2010を自分が操縦している感じ(おでこの辺に操縦席があります)。目の前に選手がいれば「今日はウェッティーですねっ!」と一声掛けてから抜かせて頂く。天気が良ければ赤石山からは大沼池を望めるそうですが、この日は展望なし、なのでスルー。その後も細かいアップダウンが続き、少しずつ順位を上げていきました。キツ~イ横手山への登りは木段から始まりゲレンデへと変わっていきます。特に最後のゲレンデの傾斜は登っていてアキレス腱のストレッチも同時に出来るのではないか?!と思えるような急傾斜。今年はこのゲレンデに雨の中たくさんの方々が応援していてくれて物凄く嬉しかったです。応援が自分の止まりそうな脚を後押ししてくれました。横手山には5:56:23で到着し、順位は27位でした。

・横手山~ゴール
横手山からゴールまでは標高差800mを一気に下ります。下りと行っても途中に細かいアップダウンがあったり、ゴール手前には100m上り返す坂があります。横手山からのゲレンデを下っている時にふと頭を過ぎります。「DMJメンバーは今頃もっと頑張っているはず!もっと追い込んでいるはず!自分は程よい感じでレースを終えていいのかっ?!ダメだろ!」そんな思いもあり、ここからは体力のリミッターなんて気にせず、走って、走って、走りまくりました。この辺りを走っている選手はそう簡単に抜かせてくれませんが、それでも残っている力を振り絞って前に出て逃げるように走りました。目の前に選手がいればロックオンし、逃げて逃げて逃げまくりました。昨年はこの区間が鬼のように長く感じたけど、今年は、あっという間の出来事でした。最後は琵琶池からゴールまでの登りを歩いている選手を抜かせて頂き、靄のかかったゴールにフィニッシュ!タイムは7:25:19で順位は21位でした。限界の向こう側に「こんにちは!」は出来なかったけど、申し分ない結果でした。


2日目のウェアやギアーは↓な感じでした。
****************************************
■Wear
・XA CAP(Salomon)
・EXO SS ZIP TECH(Salomon)
・EXO WINGS TW SHORT(Salomon)
・Calf(Salomon)
・Socks(Salomon)
・XT S-lab gloves(Salomon)
・Inner(FineTrack)
・Ankle band(Sports Authority)

■Taping
・X-Tape(New-Hale)左右2枚貼り
・V-Tape(New-Hale)左右1枚貼り
・スポーツテーピング(ニチバン)左右スタータップ2枚貼り

■Pack
・Salomon S-LAB PACK(Salomon)

■Shoes
・XT Hawk ll(Salomon)

■Energy
・ハイドレーション(Source) 2リッター:Amino BCCA powder + carboshotz 1tablet
・フラスコ×2個:P-Gel×6+vespaハイパー+AminoVitalゼリーを調合
・Amino Vitalゼリー×6
・Vespa Hyper×1
・Vespa Pro×1
・P-Bar(vanilla)×1
・TopTen×1
・アスリートソルト
*************************************

1日目の運動データは↓な感じでした。()内は昨年データ
*************************************
shiga50k.jpg

トレーニング効果(Suunto):3.4
EPOCピーク:113ml/kg
消費カロリー:4712kcal
最高速度:14.2km
平均速度:7.4km/h
最高心拍:170bpm
平均心拍:154bpm
最低心拍:117bpm
最高高度:2280m
最低高度:1307m
累積標高:2621m
走行距離:55.07km
トレーニング時間:7:25:19
順位:21位/244人中
*************************************


◆キング・オフ・志賀高原

009.jpg
(写真:表彰式にて、写真はパワースポーツから頂きました)


2日間の合計タイムを競うキング・オフ・志賀高原では10位まで表彰される中、今回なんと8位に入賞することが出来ました!表彰されるなんて自分には無縁のことだと思っていただけに、とてもビックリしました。今まで表彰されるために練習を積んできた訳ではなかったけど、メダルというひとつの形で結果が残った事はとてもとても嬉しかったです。

IMGP1719.jpg
(写真:2日間連続年代別1位とクイーン・オフ・志賀高原5位に輝いたみかんさんとハイ・チーズ!)


2年前97kgもあったヤツが、ここまで走れるようになった事は、自分の周りの素敵な環境や応援してくれた仲間のお陰だと思っています。日々周りから刺激を頂き、頑張れるから今の自分があるのです。そして、自分がこうやって走っている姿が少しでも周りの方々の勇気やモチベーションに繋がればと思っています。「強い気持ちがあれば叶わない夢なんてない!」そう引き続き信じながら頑張っていきたいと思いますっ!


Keep on Trailrunning!
tomo2010
スポンサーサイト
22:42 race | コメント(16) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。